「秘訣は、ガツガツしないこと」最強占い師ゲッターズ飯田が“凄い“と紹介するトークライブ芸人とは

「秘訣は、ガツガツしないこと」最強占い師ゲッターズ飯田が“凄い“と紹介するトークライブ芸人とは

マイク1本でどこでも盛り上げる
企業ロゴ画像
Sponsored bymarouge

新R25読者の皆さん、“おくまん”というお笑い芸人を知っていますか?

「初めて聞く」という人もいそうですが、実はおくまんさん、一部では「知らない人はいない」ほどの有名人なんです。

自身がこれまでに開催したトークライブは合計“240回以上”。かなりの記録の持ち主だそうですが…

いったいどんな人物なのか、本人にインタビューしてその魅力を探ってみました。

〈聞き手=三宅永里子(新R25編集部)〉

延べ240回以上のトークライブを開催。すごい記録を持つ芸人“おくまん”とは

三宅

おくまんさんのこれまでの芸歴を教えてください。

おくまんさん

2003年、大学の落研で知り合った後輩とコンビを結成し、約13年活動したのちに解散しました。その後はピン芸人として活動していて、すでに芸歴は24年になります。


2024年2月29日、約19年間お世話になった事務所、トゥインクル・コーポレーションを退所し、独立しました

【現在のおもな活動】

  • ・ 「ゲッターズ飯田の占い」サイト内のWEBラジオでアシスタントを担当


  • ・同サイト内で、コラム「芸能界最強占い師の横で日本一占いを聞いた男の話」を連載


  • ・ゲッターズ飯田さんが毎年開催している全国ツアー「開運トークライブ」の前説・司会進行


  • ・漫才協会に所属しており、定期的に寄席に出演


  • ・自身のライブ「おくまんトークライブ」を毎月開催。


  • ・三国志好きが高じて、三国志にまつわる紙芝居やトークをするイベント「三国志義兄弟の宴」も定期的に開催。


  • ・ジャイアンツについて熱く語るトークイベント「おくまんのビバジャイアンツ」を不定期で開催

三宅

かなり幅広く活動されていますね!


“芸能界最強の占い師”との呼び声も高い、あのゲッターズ飯田さんにも「日本で最もトークライブをやっている芸人」と紹介されたそうですが…

おくまんさん

そうなんです。


これまで「おくまんトークライブ」「三国志義兄弟の宴」「ビバジャイアンツ」と趣旨の異なるトークライブを定期的に開催してきまして…


合計すると240回を超える計算になります

三宅

開催数、ハンパないです。そのなかでも「おくまんトークライブ」というのはどんな内容なんですか?

おくまんさん

僕のなかでは報告会みたいな感覚でもあるんですけど…直近1カ月で起こったことを話しつつ、毎回ゲストを招いてフリートークをしています。


歴代のゲストは三遊亭好楽師匠、はなわさんといった芸人の方や、元プロ野球選手の寺内崇幸さん、川﨑宗則さん、また、辺見えみりさんといったタレントの方など。


すべての方を挙げることはできませんが…最多出場はゲッターズ飯田さんですね。


飯田さんに出ていただいたときは観客の方を占って盛り上がってます。

三宅

ほう…! フリートークということは、ネタとか漫才はやらないんですか?

おくまんさん

やってないんですよ。約100分間、完全にフリートークで進めています。


このライブも、気づけば2024年6月で100回目を迎えます。


観客の方も、他県から来てくれる方や、1回を除いて全回参加してくださっている方もいて。おかげさまで、累計の参加者数は約7,000人になりました。


はじめは観客も20人程度だったんですが…4回目で飯田さんにゲストで出ていただいた際、いきなり100人に。


今でこそ僕のことを知ってくれている方も増えましたが、その時はさすがに圧に耐えられなくてヤバかったですね(笑)。

三宅

たしかにそのスタイルで、そんなに多くのライブを開催してる人はいないかも…!


しかも長時間話し続けるのって大変ですよね…

おくまんさん

実は最初のころは全然喋れなかったんですよ。


本当にその場でフリートークをしていたんですが、何も面白いこと言えなくて…何ならトークライブってそういうもんだと思ってたんです。


でも実はこういうのって、普通みんなちゃんと準備して臨むんだってことを10回目くらいで知りました。

三宅

逆にその度胸、すごいです(笑)。

実はゲッターズ飯田の相方…ではない

三宅

現在、ゲッターズ飯田さんが監修を手掛ける公式サイト『ゲッターズ飯田の占い』でもWEBラジオコーナーのアシスタントや、ご自身のコラムを担当されていますよね。


おくまんさんと言えば、“いつもゲッターズ飯田さんの隣にいる”ってことでご存じの方もいると思いますが、どういうつながりで今に至るんですか?

おくまんさん

飯田さんとの出会いはかれこれ15年以上前になりますが、知り合ったきっかけは、エレキコミックのやついいちろうさんのつながりです。


やついさんは、大学、そしてこの間まで所属していた事務所の先輩で。僕がまだ駆け出しの芸人だったころ、多いときで週10回、年間330日以上は一緒にいたんですよ。

三宅

週10回…

おくまんさん

昼に遊んで一度解散してから、また夜に会う、みたいなことを週3回くらいしていて(笑)。


いつしかやついさん・飯田さんと3人集まることも多くなって、そんななかで仲良くさせていただくようになりました。

WEBラジオの収録風景。ゲッターズ飯田さんの相方だと思っている人もいるらしい

WEBラジオはチャンネル登録者数20万人越えのYoutubeチャンネル「ゲッターズ飯田の公式チャンネル」で聞くことが可能

おくまんさん

飯田さんにはこれまで数えきれないほどお世話になってきました。


占いのアドバイス通りに動いてうまくいったことも多々ありますし、隣で飯田さんの行動を見てきて、人として学ぶこともたくさんあります。


誘いを基本断らないスタンスになったのも、飯田さんに言われてからですね。おかげで今の僕があると言ってもいいくらいです。

三宅

「ゲッターズ飯田の占いサイト」内の連載コラムでは、そんなエピソードが多数紹介されているんですよね?

おくまんさん

そうなんです。もう60話以上公開されてるんですが*、普段メディアで見るだけじゃわからない、飯田さんとの裏話やプライベート秘話まで紹介しています。


占いとはまた違った視点で楽しめると思うので、興味があればぜひ読んでみてください。

*2024年4月時点

「ゲッターズ飯田の占い」サイトより。毎回楽しみにしているユーザーも多いんだそう

芸人なのに“ガツガツ”ゼロ。これからも「流れに身をまかせる」

三宅

今後はどんなビジョンを描いてるんですか?

おくまんさん

あまり考えてないというか…このまま流されていきたいと思ってます。


今まで、自分が「これだ」と思ったときほどうまくいかなかったり、「これやってみたら?」って人から言われてやった方が意外と楽しかったりしたので、いつからか流れに身をまかせるのもいいなと思えるようになったんです。

三宅

なるほど…お話を聞いていても、芸人さんにありがちな“ガツガツ”があまり感じられないのは、いい意味で肩の力が抜けているからなのかもしれないですね。


これまでの縁も、おくまんさんの人柄が導いてきたというか…

おくまんさん

これからも同じように人との縁を大切にして過ごしていきたいと思ってます。


それこそ、「おくまんトークライブ」で全国を回れたらいいかも。

三宅

コラムの連載もそれだけ続いているなら、書籍化できるのでは…?

おくまんさん

できたらうれしいですね。もし発売された際はよろしくお願いします!

トークライブに寄席、WEBラジオやコラム執筆と、多方面で活躍中のおくまんさん。

自称“いつでも会える芸人”のトークライブは、東京都中野区にある「なかのZERO」にて毎月開催。チケット予約は、ご本人のXのリプライ(@okuman1023)やインスタDM等から可能です。

計240回以上もライブを開催し、磨き上げられてきたおくまんさんのトークに乞うご期待!

また、WEBラジオやコラムは以下のサイト「ゲッターズ飯田の占い」で公開中! こちらもぜひチェックしてみてください。

〈取材=山之内良徳、三宅永里子/執筆・編集=古川裕子〉

この記事をシェア
あなたの企業トピックスを新R25で発信しませんか?