学生よ、選ばれるな、選べ。将来、社会を牽引する存在になる“新卒”を生む「Abuild就活」の全貌

学生よ、選ばれるな、選べ。将来、社会を牽引する存在になる“新卒”を生む「Abuild就活」の全貌

「目指すのは、現代の松下村塾」
企業ロゴ画像

「将来やりたい仕事がわからない」「これから本当に社会で活躍できるのだろうか」…と、何かと悩みの多い新卒の就活

そんな新卒の学生に“進むべきキャリア”を見せてくれるのが、キャリア構築サービス「Abuild就活」です。

わざわざ外部のサービスに頼らなくても、まじめに対策した学生に結果がついてくるのでは?と思ってしまいますが…

同サービスを運営するNINJAPAN株式会社代表取締役社長・新井翔太さんによると、今の時代はそうもいかないのだそう。

現代の就活シーンにおける“新常識”とは…? 学生のみなさんはもちろん、就活生の保護者の方も知っておいたほうがよさそうです。

〈聞き手=山田三奈(企業トピ編集部)〉

現代の就活シーンの“新常識”

新井さん

いまの時代、「優秀な学生であれば大企業に就職できる」という“親世代の就活の常識”はまったく通用しません。


なぜなら、ここ数年で就活シーンに大きな変化が起こってしまったからです。

山田

大きな変化…?

新井さん

まず、“一般職”や“総合職”といった区分で一定数を大量採用する「メンバーシップ型雇用」から、企業の求めるスキルを持った人材を採用する「ジョブ型雇用」に変わりました。


これによって新卒学生のライバルは、“すでにビジネス経験がある社会人”にまで広がっています

山田

それはだいぶ厳しい戦いになりそうですね…

新井さん

それに加えて、「一括採用」から「通年採用」へ、「オフライン」から「オンライン」へとシフト。


時期や場所を問わず就活ができるようになったので、一企業に集まる応募者が格段に増え、ライバルが激増しています。


ある程度有名な大学に行っているから大丈夫…と思っている方も油断は禁物。


今の就活シーンは、いくら優秀な学生でも、“企業が求める人材像”に合致していなければ採用されにくくなってきているというわけです。

厳しい状況を切り抜ける一手が「Abuild就活」

新井さん

この厳しい状況を切り抜けるためには、「内定」のもっと“ずっと先”にゴールを設定することが大事になります。

山田

ずっと先…?

新井さん

“即戦力”として内定を獲得し、日本の成長を牽引するような社会的な活躍をすることです。


このゴールの達成を目指すのが、弊社のキャリア構築サービス「Abuild就活」。


就活生の成長を最大化させる「戦略就活プログラム」を提供するサービスです。

山田

どうやって学生の成長を最大化させるんですか?

新井さん

マネジメント・コーチング・トレーニングを掛け合わせた指導をしています。


具体的には、独自のカリキュラムを用いた「集団レッスン」と、一流企業在籍コーチによる「個別コーチング」のプログラムを受けていただきます。

山田

ほう…カリキュラムはどういう内容なんでしょう?

新井さん

サービス名にもある「ABUILD」は、“Arbitrage” “Bridge” “Uniqueness” “Inclination” “Leverage” “Do”の6つの頭文字をとった、戦略的に就活を成功させる独自のフレームワーク。


このフレームワークに則ったカリキュラムを提供しています。


これによって、徹底的な自己理解と企業目線の理解を進められ、企業目線での自己PRができるようになるんです。

新井さん

さらに「個別コーチング」を通して、学生さんひとりでは目指すのが難しい企業の内定まで伴走。


内定だけでなく、社会に出て働く際に求められる「社会人基礎力」などの“ビジネス戦闘力”まで鍛えあげていきます。

大手・トップ企業の“即戦力内定”も続々

山田

たしかに、ビジネス経験を持つ社会人と対等に戦うためのスキルが広く学べそうですね!


ちなみに、どういう学生さんが利用しているんでしょうか?

新井さん

サービス利用者の6割以上が、早慶MARCH以上の学歴を持つ学生で、多くのハイレイヤー層から支持されていて…


内定先は、外資系コンサルティング・商社・広告代理店など、多岐にわたります。


各業界のトップ企業から、“即戦力”として内定を獲得した学生がたくさんいるんですよ。

過去に内定を獲得した企業の一部がこちら。大手ばかり…すごい

サービス利用者の声(抜粋)

  • ✔️担当コーチに就活のいろはを徹底的に指導して頂いたことは勿論、自分自身の可能性を最大限に引き出して頂いたことで、様々な物事へチャレンジすることが出来ました。ありがとうございました!


  • ✔️ 指導をいただく価値はあるとは思います。特に自分が志望する業界の方が担当になって話を聞けます。ESや面接対策までしてもらえるので、かなり充実感と得られるものはあると思います。厳しいことも言われますが、成長ができるので利用しない手はないと思います。

https://abuild-c.com/achievement/voice/

新井さん

「企業に選ばれる就活」は、学生にとって苦しいものだと思います。


「Abuild就活」が目指すのは、現代の松下村塾


幕末に多くの優秀な人材を輩出した私塾のように、社会のリーダーになれるような人材を育成したい。


企業に選ばれるのではなく「自分で企業を選ぶ意識」を学生たちが持てれば、就活がもっと楽しくなるはずです。

業界最大手のシェアと“即戦力”としての内定実績を持つ「Abuild就活」。

現役で活躍する一流企業在籍コーチから直接サポートを受けられる意味でも、価値ある時間を過ごせそうです。

大手・トップ企業に就職したい学生のみなさんは頼ってみてください!

この記事をシェア
あなたの企業トピックスを新R25で発信しませんか?
Powered by